奈良弁護士会

0742-22-2035

顧問弁護士・ホームロイヤー

  1. 顧問弁護士
    顧問弁護士は企業や団体などの顧問先に生ずる法律問題について継続的に相談に応じ、その解決に努めていくのがその仕事です。現代社会は複雑化し、法律の仕組みも多様化し、それに伴い企業が法律による解決を迫られる場面がますます増加する中でこれに対応すべく近時、顧問弁護士をおいている企業がだんだん増えてきています。

    顧問弁護士の効用は次のような点にあります。
    ア)顧問先である企業、団体の内容をよく知っているので直ちに核心に入ることができる。
    イ)いつでも相談でき、原則として相談料はいらない。
    ウ)電話でも相談ができる。
    エ)相談時間を早めにとるなどの便宜をはかってくれ、必要なときは顧問先へ赴いて相談に応じてくれる。
    オ)顧問弁護士がいれば企業、団体の信用を高めることができる。
    カ)顧問料を必要経費として税務申告において計上できる。
    キ)企業の社員研修などにも協力してくれる。

    なお顧問契約は信頼関係を基本としていますので、企業側からも弁護士側からも解約は自由ですので気軽に顧問を依頼されてよいと思います。

  2. ホームロイヤー
    ホームロイヤーとは、個人が、個人的問題や家庭の問題などについていつでも気軽に相談できる顧問弁護士、いわばかかりつけの弁護士のことです。
    医者の場合のホームドクターの弁護士版です。アメリカなどでは、このホームロイヤーが盛んといわれています。日常生活において生ずるちょっとした法律問題について、ごく簡単なことでもやはり一応法律専門家のアドバイスを得ておきたいが、大した問題でないようにも思えて何となく弁護士事務所の扉をあけるのは気がひけるとか思われるようなときも、ホームロイヤーがいれば、いつでも気軽に相談でき適切なアドバイスを受けることができます。ホームロイヤーがいれば心丈夫ですし、相談のみでなく必要な場合にはその弁護士に事件解決を依頼することもスムーズにできる訳です。
    なお、ホームロイヤーの費用は、事業主が顧問弁護士に支払う顧問料よりはずっと安いでしょう。
ご依頼方法
TOP