奈良弁護士会

0742-22-2035

両性の平等委員会

進学、就職、労働、子育て、介護、政治参加など、社会の様々な問題に、両性の平等・不平等の問題が関わっています。
「女性はすぐ結婚して退職するから男性を採用する」
「子育てや介護は女性の仕事」
「男は育児休暇をとれない」
などという話は、今でもたくさんあります。
また、日本の国会議員に占める女性の割合は、先進諸国だけでなく、世界190カ国の中で比較しても、下位にとどまっている(2015年現在)のが現状です。

日本の法制度としては、女性差別撤廃条約を1985年に批准し、雇用機会均等法が制定され、また1991年には育児・介護休業法が制定されるなど、少しずつ前進しています。
しかし現実には、男性と女性が平等に家庭や職場の責任を負う状況には至っていません。
そのため、家庭問題や労働問題を扱う司法の場においても、両性の平等の観点からチェックし、必要に応じ意見し、改善を求める必要があります。

当委員会では、個人の尊厳及び両性の平等の見地から、現在の法制度のありかたや運用について、改善に向けた活動を行っていきます。

弁護士会委員会活動
TOP