奈良弁護士会


法曹養成制度の改善を求める総会決議

奈良弁護士会総会 第1 決議の趣旨  司法試験の受験について、「法科大学院の修了」との要件を受験資格要件から削除すべきである。  かりに1の要件を存続させる場合でも、予備試験の受験資格および予備試験合格者の司法試験合格を… [続きを読む]




裁判所速記官の養成再開を求める総会決議

【決議事項】 当会は、最高裁判所に対し、直ちに裁判所速記官の養成を再開されることを強く求める。 【決議の理由】 速記官制度は、裁判記録の正確性、公正さを担保するとともに、迅速な裁判に資するものである。国民の司法参加が強く… [続きを読む]


個人通報制度の導入を求める総会決議

奈良弁護士会総会 【決議事項】 奈良弁護士会は,政府および国会に対して,国際人権(自由権)規約,女性差別撤廃条約,拷問等禁止条約,人種差別撤廃条約などにおける個人通報制度を導入することを求める。 以上のとおり決議する。 … [続きを読む]



奈良弁護士会多重債務者救済宣言

2008.2.2 奈良弁護士会多重債務者救済宣言 2010年までに全ての多重債務者の救済をめざして - 奈良弁護士会多重債務者対策本部の設置にあたり - はじめに 近年、多重債務者問題が深刻な社会問題となり、多重債務者に… [続きを読む]


憲法の基本理念を堅持する宣言

ここ数年、政党・新聞社・財界などから憲法の明文改正に向けた具体的な意見や草案が発表され、憲法改正をめぐる議論が活発となっている。また、今国会においては、憲法改正国民投票の手続を定める法律についても議論されている。 これら… [続きを読む]